ブログ

本年も良いデザイン制作に励んで参ります。

全体の色調を微調整して出来上がり

あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

昨年もあっという間に過ぎて行きました。そして多くの方にお世話になった一年でもありました。
本年も引き続き、良いデザイン制作に励んで参りますので、宜しくお願い致します。
   

お正月メインビジュアルのPhotoshopによる合成加工の作業工程

ところで今回の記事トップ画面は、昨年(2017年)夏に撮影した花火画像を合成加工して作成しました。
この画像を今年のお正月メインビジュアルとして使用しています。

今回の記事ではこの画像の制作工程の概要をご紹介いたします。(使用ソフトウェア:Adobe Photoshop CC)。
   

ステップ1〜背景の準備〜

まずは金色の背景作り。最初に金色のベースとなる色を背景にべた塗りします。

背景色べた塗り
   

この背景にグラデーションの濃淡をつけて金色っぽくしておきます。

背景のグラデーション
   

ステップ2〜花火画像の配置と加工〜

上で作った「金色背景」の上に、先に書いた花火の画像を貼り付けます。

花火1
   

この花火の画像のレイヤーの描画モードを変更して背景に溶け込ませます。

花火1の合成処理
   

さらに別の花火画像を貼り付け。
光の筋が長く伸びているのは三脚にカメラを固定して長時間露光したためです。

花火2
   

こちらもレイヤーの描画モードを変更して背景に溶け込ませます。
さらに明るさ/コントラスト/彩度など調整。多重露光と同じ効果を合成で作っています。
ゴールド背景に花火画像を重ねることで、年明けの華々しい雰囲気を出せているのでは?と思います。

花火2の合成処理
   

ステップ3〜文字の配置と加工〜

仕上げに「A HAPPY NEW YEAR」のテキストを配置。
書体は「Geometric 706 BT Medium」という書体にしています。

「A HAPPY NEW YEAR」のテキストを配置
   

配置した文字にグラデーションと発光のエフェクトを掛けます。

文字にグラデーションと発光のエフェクト
   

全体の色調を微調整して出来上がり。
最終的な色味の調整はWeb用と印刷媒体用で変更するのがおすすめです。

全体の色調を微調整して出来上がり
   

以上、グラッドワークス的今年のお正月メインビジュアルのPhotoshopによる合成加工の概要でした。

それでは良いお正月をお過ごしくださいませ。
 

広告物の制作実績を、このホームページでご確認頂けます

チラシやパンフレット、メニューなどの印刷物/ホームページの制作、運営管理/写真撮影やイラスト作成まで幅広く行っています。各種広告制作物の実績の一部を公開中です。

制作の実績