ブログ

意外に厳しい、お盆時期の広告デザイン制作スケジュール

気温上昇イメージ

おはようございます。多摩ニュータウン西端は薄曇りの朝です。

7月に入り、蒸し暑い日も増えてまいりました。
今日の八王子の最高気温は気象庁予報では34℃、
ウェザーニュースの予報では35℃の猛暑日になる予想とか。
適度にエアコンを使って、水分もきちんと摂取して、体調管理に努めたいですね。

そろそろ梅雨明けも待ち遠しいのですが、気象庁のホームページによると関東甲信地方の梅雨明けは
平年で7月21日頃とのことでまだしばらく先のことになります。

ちなみに去年の関東甲信地方の梅雨明けは7月29日頃でした。
 

広告のデザイン制作的には、お盆はそんなに先ではありません

今回はお盆に向けての広告制作のお話です。
お盆はまだ1ヶ月半くらい先なので、まだまだ先のことのように見えます。
が、広告のデザイン制作的にはあまりのんびりしていられない時期に入って来ていると言って宜しいかと思われます。
 
カレンダーイメージ
 
お盆直前になって焦らないように、今からしっかりとスケジュールを組んでおくと色々と安心です。

Webの方はまだ良いのですが、チラシやパンフレットなどの印刷物の広告の場合は印刷のスケジュールを考えなくてはなりません。

どこの業界もそうかもしれませんが、お盆や年末年始、ゴールデンウィークなどの連休時期前後は印刷会社も立て込んでいて、通常より時間がかかる場合が多いので、早め早めの進行をしておく必要があります。

「連休前に印刷入稿を済ませておきたい」
「連休までに印刷物を納品まで進めたい」

というご要望は結構多く、連休前の広告制作もタイトなスケジュールになりがちです。
 
印刷機械イメージ
 

お盆時期は通常より印刷納期が長くなることがあります

昔は連休時期は印刷会社もお休みのことが多かったのですが、
最近は土日祝日関係なしで営業している印刷会社さんも結構あります。

それでも全ての印刷業務が稼働しているわけではなく、
例えば「チラシの印刷はやっていますが、カタログ印刷は止まります」というところも少なくありません。
また、印刷業務はやっているものの、通常より印刷納期が長くなるところもあります。

その辺も含めて事前にスケジュールを確認し、デザイン制作のスケジュールを決めておくと、お盆前にスケジュールが間に合わなくて焦ったりせずに済みますので。

と、いうわけでお盆時期の広告制作は早めに進行されるのがおすすめです。
 

広告物の制作実績を、このホームページでご確認頂けます

チラシやパンフレット、メニューなどの印刷物/ホームページの制作、運営管理/写真撮影やイラスト作成まで幅広く行っています。各種広告制作物の実績の一部を公開中です。

制作の実績