ブログ

2018年最大のスーパームーンと今月末の皆既月食、そして色温度の話

スーパームーン@横浜港

おはようございます。今朝の多摩ニュータウン西端は晴れの朝です。やはり朝は冷えますね。
それにしても年が明けたと思っていたらもう1月も折り返しとなりました。
 

今年の年始、1月2日の月は2018年最大のスーパームーンでした

個人的に今年のお正月の初日の出は見ていないのですが(寝てました)、翌日の1月2日の月は2018年最大のスーパームーンとのことでしたので、日没直後に水平線から昇ってくる満月を撮影しました。
(厳密には1月2日明け方の月が最大だったようですが…こちらも寝ておりました)

横浜みなとみらい地区の海岸から見た「月の出」です。

スーパームーンと鶴見つばさ橋

右に見えているのは首都高湾岸線の「鶴見つばさ橋」で、奥に見えているのは京浜工業地帯の煙突など。
煙突の排気が月明かりに照らされています。
橋の向こう(奥の方)の煙突から出ている炎(フレアスタック)も写っています。

この時のホワイトバランス設定はマニュアルで色温度5000K。
通常はカメラ任せのオートで良いのですが、日没や夜景はホワイトバランスがシビアなのでマニュアルとしました。
 

太陽光を自然に表現しやすい5000Kの色温度設定

ちなみにDTPなど印刷物のデザイン制作時のパソコンモニターの色温度設定も5000K程度がおすすめ。
(Webデザインの場合はもう少し高めの6500K。)
そして日中晴天の太陽光の色温度も5500Kくらい。
太陽表面温度は約6000K。この一致は偶然…ではありません。

太陽の光を自然に表現するにはこのくらいの色温度設定が有効なことが多いのです。
(蛍光灯下ではWB 5000Kで撮影すると緑色に転びます)

水平線近くの月は大気の層を通過する距離が長いので、肉眼で見ても夕焼け同様に赤っぽく見えます。
明るさも少し落ちるので夕暮れの景色と一緒に撮影することが可能。
さらに月が昇ると、月が明るすぎて白飛びし始めます。

ただし、日没直後は地表と上空の温度差による大気の揺らぎが激しいようで月がかなりぼやけます。
月だけをアップで撮影するとこのとおり(下の画像)。

大気の揺らぎと赤い月

こちらもホワイトバランスは5000Kで撮影しています。
色温度設定が同じなのに上の写真より赤く、アンバー寄りに見えるのは少し暗めに写しているから。
露出をアンダー目にすると色乗りは良くなるのです。
 

今月末には(日本では)3年ぶりの皆既月食

次の満月は今月末の1月31日ですが、今度は日本では3年ぶりの皆既月食となります。
20:48から欠け始め、21:51に完全皆既状態になるとのこと。
月が見える場所なら多摩でも横浜でも沖縄でも同時に始まる様子。

2011年12月10日の皆既月食

こちらの写真は2011年12月10日の皆既月食です。

月食とは太陽と地球と月が一直線に並び、月が地球の影に入る現象ですが、地球の大気を通過した赤い光に月が照らされて赤く見えます。(この写真もホワイトバランスは5000Kとしています。)

月が地球の本影に入ると明るさが一気に落ちるので、カメラもかなりシャッター速度を落とすなどの対応をする必要があります。しかしそのおかげで周囲の星も一緒に写っています。

通常、満月の明るさに合わせて撮影すると周りの星は映らないので、こういう写真は皆既月食ならでは。

ちなみに前回の皆既月食は2015年4月4日、その前は2014年10月8日でしたが、どちらも当事務所のある多摩ニュータウン西端では天候が悪くて見ることができませんでした。

というわけで今月末、晴れてくれれば結構貴重な皆既月食を見ることができます。
でも風邪やインフルエンザも流行っているので暖かい服装でご鑑賞されることをお勧めします。
 

広告物の制作実績を、このホームページでご確認頂けます

チラシやパンフレット、メニューなどの印刷物/ホームページの制作、運営管理/写真撮影やイラスト作成まで幅広く行っています。各種広告制作物の実績の一部を公開中です。

制作の実績