コラム&Tips メインイメージ

コラム&Tips

信頼感を「見える化」する、小規模事業者様のブランディング&デザイン

信頼感のイメージ

そもそも「ブランディング」とは何でしょうか?

マーケティングの世界では頻出する「ブランディング」という言葉があります。「ブランディング」をざっくり簡略に言えば「信頼感の見える化」と言って良いと思います。

つまり「この会社なら信頼できそうだ」と思ってもらえること。時計や車やバッグなど、そのブランドだから安心だろうと考えて購入することは結構あるのではないでしょうか?
さらに、そのブランドを所有することがステイタスになれば、人はそのステイタスのためにより多くのお金を支払ってくれることもあります。

小規模事業者様の場合、その知名度の低さゆえに「怪しい会社なのではないか?」「ちゃんとした仕事をする会社なんだろうか?」というネガティブな目で見られる場合もあるかもしれません。真面目にしっかりとした仕事をしているにもかかわらず、知名度の低さや、事業規模の小ささから仕事の機会を得られないことはその事業者様だけでなく、社会としても損失ですね。

しかし第三者からは「真面目にしっかりした仕事をしている会社なのかどうか」を判断できない場合も多いため、それをきちんと「見える」ようにすることが小規模事業者様にとっての「ブランディング」だと思います。しっかりしたブランディングができているならば、潜在的に思えた需要をキャッチできることが増え、むやみに値下げする必要もなくなるのではないでしょうか?

「自分は(我が社は)何者なのか?」を再確認

ブランディング

「ブランディング」は初めが肝心です。「ロゴマークを作ること」がブランディングではありません。ロゴマークを含めたウェブサイトやパンフレットなどの書体、色彩、デザインの傾向などは同時に決定されることをお勧めします。カラーリングや書体、デザインテイストに一貫性がないとどうしても「安っぽく」見えてしまいがちです。

結論っぽいことを書くと、ブランディング&デザインの鍵は「自分は(我が社は)何者なのか?」を再確認することにあります。社風やこれまでの経歴、打ち出したいイメージ、想定される顧客像。そういうものをしっかり踏まえることができるかどうか。それらがしっかりと確認できれば、イメージカラーや書体など、あるべきデザインの姿は自ずと見えてきます。(当デザイン事務所「グラッドワークス」が打ち合わせでそういうことを聞きたがるのは、そういう事情によるものです。)

例えばカラーリング。いわゆる「コーポレートカラー」は何色が良いでしょうか?
飲食店様なら赤やオレンジといった色が「食欲をそそる色」として手堅い選択肢ですが、「自然食品の店」として訴求するならグリーンなどの方がよりイメージを伝えやすいでしょうし、フレンチのお店なら青も効果的かもしれません。

そうやって見えてきたデザインスタイルをホームページやパンフレット、チラシ、看板、名刺などで統一して、繰り返し、継続して使用して行くことが「ブランディング」の第一歩となります。いわゆる「C.I.(コーポレート・アイデンティティ)」や「V.I.(ビジュアル・アイデンティティ)」と呼ばれるものはおおよそ、このようにして生み出されて行きます。

※デザイン戦略として集客のためのチラシは元気なイメージ、商談時に使う会社案内はフォーマルなイメージ、という使い分けをすることは多々あります。

ブランディング&デザインにも有効な「継続は力なり」

image_photo

初めが肝心…と書きましたが、一方で「継続すること」も大切です。

色や書体など、統一したデザインスタイルをある程度長期にわたり使い続けることで、認知度が高まり、その会社やお店への信頼感も高まります。短期間でデザインのテイストをコロコロ変えてしまうと、冒頭に書いた「信頼感の見える化」はリセットされてしまい、ブランディングの成果を手にする機会も先延ばしとなってしまいます。

長い目で見れば、社会の変化や事業内容の拡大などによりロゴマークのデザインを変更したり、ウェブサイトやチラシ、パンフなど広告物のデザインのスタイルを変更して行く、ということはあります。その際にもやはり「自分は(我が社は)何者なのか?」を再び問い直した上でのデザイン変更が必要です。

現実には最初からいきなり完璧な「ブランディング&デザイン」を目指すよりも、まずはわかっている範囲、できる範囲でスタートして、実務で運用しつつ細かな修正を継続的に行うことが理想です。つまり、常に「自分は(我が社は)何者なのか?」を考え続ける必要があります。考え続けるのは大変なことですが、その努力を継続して行くことが信頼感を生み、小規模事業者様の「ブランディング」を成功に導くのだと思います。