コラム&Tips メインイメージ

コラム&Tips

ほとんどの「フルカラー印刷」は4色のインクで印刷されています

4色の内容はいわゆる「CMYK」と言われるもの

チラシではモノクロ印刷のものも結句ありますが、やはり1色印刷では地味なので、予算が許せばカラーで印刷したい、ということも多いかと思います。 特に見た目のインパクトがあるデザインの広告印刷物を作りたい時や、会社案内などの制作物ではカラー印刷を選択する場合が多いと思います。

このカラー印刷は「フルカラー印刷」と呼んだりもしますが、ほとんどの場合、インクは4色しか使っていません。つまり、ほとんどのフルカラー印刷は「4色印刷」となります。

4色の内容はいわゆる「CMYK」と言われるもので、
シアン(Cyan) マゼンタ(Magenta)イエロー(Yellow)ブラック(Black) です。

「CMYK」を日本語で言うと「」となります。

一般に「藍色」というともっと紺色に近い青をイメージされる事が多いかと思いますが、 ひとまず印刷デザインではそのように呼ぶということになっております。
大雑把に「」と言ってしまった方がイメージしやすいかもしれません。

4色の組み合わせでほとんどのカラー印刷が可能な理由

普通はこの4色の掛け合わせでカラーを再現しています。
インクの掛け合わせによる混色のイメージは、下の図、左側の「減法混色」となります。
(※ちなみに右の「加法混色」は「光の3原色」となります)

減法混色と加法混色

青と赤を混ぜれば紫になりますし、赤と黄色を混ぜればオレンジ(※)、黄色と青を混ぜれば緑…と、いう具合に青と赤と黄色の混色で大抵の色は表現することができます。

そしてこの3色を混ぜると理論的には黒になるのですが、 実際には印刷用インクの発色性能にも限界があって、完全な黒を再現することは難しいので、黒のインクで補完しています。
(※上の図ではマゼンタとイエローの混色のため、オレンジではなく「金赤」と呼ばれる色になっています)

CMYKの表現力の限界を超える多色印刷は高コスト

ただし、美術書などの厳密な色彩を追求する印刷物になると やはり4色だけでは表現力不足となるため、CMYK以外の色を追加して 5色印刷、6色印刷といったものもあります。

基本のCMYKだけでは表現しきれない色彩が表現でき、デザインの自由度も上がる代わりに、印刷コストも高くなります。 インクジェットプリンターでも 高性能をアピールした機種はインクが6色だったり、8色だったりしますが、 ベーシックモデルでは4色だったりするのと同じですね。