コラム&Tips メインイメージ

コラム&Tips

Web上での「コンテンツマーケティング」はもはや不可避なのか?という問題

マーケティングイメージ

質の高いコンテンツを継続的に提供し続けることで、見込み客を囲い込む!?

最近「コンテンツマーケティング」という言葉を聞く機会が増えてきました。

検索エンジンの進歩により、ホームページはそのコンテンツ、つまり掲載されている内容をより詳しく分析されるようになって来ていると言われています。
そのような状況の中で、検索された時に自社サイトがより確実に上位表示されるようにするために「ホームページ上に質の高いコンテンツを、沢山用意する」というものです。

また、インターネットの発達に伴いお客様は商品を購入する際に既にたくさんの情報を持っているため、商取引の主導権は「売り手」から「買い手」に移ってしまっています。家電量販店でお客が価格比較サイトの最安値をスマホに表示させて値引き交渉する、という現象はその一例と言えると思います。
そのようにWebを使って「情報武装」している消費者に対して一方的に商品メリットをアピールするだけの広告宣伝活動では、もはや不十分だという考えがあります。

つまりまだ商品を買う気がない人や、興味はあるが迷っている人にも見てもらえるようなセールス色の薄い、見る人に楽しんでもらえるようなコンテンツ(内容)のホームページや広告媒体(小冊子とか)を数多く公開し、「将来の見込み客」とのつながりを作っていこう、という広報宣伝活動として「コンテンツマーケティング」が注目されているのだとか。
売り込み臭が少なく、しかも質の高いコンテンツを継続的に提供し続けることで、「将来の見込み客」を「ファン」として囲い込もうということのようです。
 

コストのイメージ

将来の「果実」を手にするまでに必要な「莫大なコスト」

しかし「質の高いコンテンツ」と口で言うのは簡単ですが、多くの人に楽しんでもらえる「質の高いコンテンツ」なるものを広告宣伝として次々と、延々と提供し続けるというのは並大抵のことではありません。経営体力のある大企業ならともかく、小規模事業者様の場合は、プロのライターを雇うか、外注するかしかないでしょう。 将来的な売上という「果実」を手にするまでに必要な手間と時間というコストは莫大なものになる、と予想されます。

広告予算の限られている小規模事業者様の場合、やはり広告宣伝にはある程度の即効性が必要だと思われますので、まずは自社のサービスを探しているお客様をしっかりサポートできるホームページ作りに力を入れられる方が現実的かと思われます。御社のサービスを探しているお客様に、御社のメッセージが届けば良いのですから。
 

creative

それでもSEO的には意識せざるを得ない「コンテンツ重視」

では「コンテンツマーケティング」なるものは無視してしまって良いのか?…というとそういう訳には行かないだろうな、と思います。

現在事業をされている方で、ホームページを持っていない、という方は少ないと思います。やはり広報活動の手段としてインターネットを使わないというのは勿体ない。Webを通しての集客を考えるのであれば、やはり検索した時に上位表示される(つまりSEO対策する)ことは不可欠なのですが、このSEO的にはやはり「コンテンツ重視」の方向を意識せざるを得ない状況です。

昔は他のサイトからのリンク(被リンク)の数が多ければ良かったり、検索されそうなキーワードをやたらとサイト内に埋め込んでおけば良かったこともありましたが、既にそういう時代は終わっています。以前からその傾向はありましたが、ここ2~3年で「見る人に本当に役立つホームページかどうか」を見られる傾向は確実に強まって来ていると感じます。小手先の手法はどんどん無力化され、ウェブサイトの「コンテンツ勝負」の傾向は強まる一方でしょう。

個人的な話をすると、私は「デザイン業者」であり「デザイナーはコンテンツメーカーであるべき」とずっと考えてやってきましたので「コンテンツ勝負」は望むところ、ではあります。「売る側」にすれば大変な「コンテンツ勝負」ですが「買う側」の視点に立つなら誰もが楽しいコンテンツを求めるだろう、と思います。
 

ウェブサービスのイメージ

検索エンジンの高度化は止まらない

そもそも検索サービスが始まった当初は検索エンジンの性能も今ほどではなく、検索のアルゴリズム(仕組み)も貧弱だったので、見る人に役に立つ「価値のあるホームページ」であるかどうかを判断するための手法として「被リンク」の数を評価したに過ぎない、という事情もあります。「たくさんのサイトからリンクされているサイトは良いサイトだろう」という論理です。今から考えれば随分と単純な理屈ですが。

そしてその後、サイト内のキーワードの出現率を見るようになり、サイトの情報量を見るようになり、サイト内でのユーザーの行動を見るようになり…という具合に進歩してきました。

現在においても被リンクやキーワードが全く評価されなくなったわけではありませんが、しかしそれが全てではなく、近年はホームページに掲載されている内容(つまりコンテンツ)がかなりしっかりと見られているように思います。検索エンジンはどんどん高度化していますが、当面の間、その傾向は止まりそうもありません。
 

コンテンツの質と量

ホームページからの集客にコンテンツの拡充は不可避

日本でのインターネット検索といえばGoogleとYahoo!が2強であり、Yahoo!の検索もGoogleのデータを利用しているので、日本国内でのSEOを考えることはすなわち「Googleへの最適化」を考えることになります。

Googleといえば最近はコンピュータが自分で勝手に学習して勝手に賢くなって行くという「ディープラーニング」機能を持つAI(人工知能)の開発で話題ですが、こういうディープラーニングによるAIの進歩は当然ウェブ検索にも活用されると思われます。

(というか、もう活用され始めているのかもしれませんが…)

たとえば今はホームページに掲載されている画像を検索エンジンはあまり正しくは認識できなくて、HTMLコード内に「この画像はこういう内容の画像ですよ」というのを言葉で記述してやる(いわゆる「alt属性」の記述)必要があるのですが、いずれそのようなことをしなくても検索用コンピュータが画像の内容を人間と同じように理解できる日も遠からずやってくるでしょう。

今はまだ、そこまでは到達していないと思われますが、検索上位を狙うのであればやはりコンテンツの拡充は避けられないと思われます。ホームページからの集客を真剣に考えるのであれば、サイトのコンテンツの質と量をもう一度検討してみる必要があると思われます。