ブログ

【Web制作】ドメインとサーバーのキホン。まずはこれだけ覚えましょう。

ドメインってなに?

おはようございます。多摩ニュータウン西端のデザイン事務所、グラッドワークスです。
 

業界外の方には耳慣れない(かもしれない)「サーバー」と「ドメイン」

ホームページを新規に立ち上げる時にまず必要になるのが「サーバー」「ドメイン」

ウェブ制作関係の人からすると「何をいまさら」な話だと思うのですが、ウェブがらみの業界の外にいる人には耳慣れないかもしれない言葉ではあります。

「サーバー」については、ニュースなどでどこそこの企業サイトにアクセスが集中してサーバーがダウンした、と言ったりするのでまだなんとなくイメージできるかもしれないのですが、「ドメイン」となると世間一般的な感覚ではあまり理解されていない言葉のように感じます。

そこでホームページ制作を発注される方向けに、まずはこれだけは覚えておいた方が良いと思われる「キホンの知識」をまとめました。
 

ホームページ在中(イメージ)
 

サーバーはホームページの「入れ物」

サーバーというのはホームページの表示内容が入っている「入れ物」のようなもので、これがインターネット上にある、というイメージで実用上問題ないと思います。

ではドメインは?というとサーバーの住所のようなものだと思っておいて頂ければ良いと思います。

このホームページのアドレス(URL)は「https://gladworks.jp」ですが、最初の「https://」を省いた「gladworks.jp」部分がドメインとなります。

ドメインの取得は早い者勝ちです。使いたいと思っていたドメインも、すでに他の人に使われている場合は他のまだ誰にも使われていないドメインを探す必要があります。
 

契約イメージ
 

契約の更新は注意が必要

小規模事業者の方もホームページをすでに開設されている方は多いと思うので、ウェブサイトの開設をする時にサーバとドメインの契約をしていると思います。契約も制作会社に丸投げした、という方も契約情報は知らされていると思います。

が、開設から月日が経つとその辺の記憶があやふやになって来てしまうことが多々あります。

サーバー契約とドメイン契約は別になっていることが多いのですが、そのためドメイン契約更新は年に1度、サーバー契約更新は半年に1度、という具合になっている場合もあります。

この契約更新も注意が必要です。

サーバやドメインをクレジットカードで自動更新していたりすると、クレジットカードの有効期限が切れた時はサーバやドメインの管理画面にアクセスして、新しい有効期限を登録しなおさないと自動更新されず、ホームページが消滅してしまうことがあります。
 

アクセスできない!?
 

ある日突然ホームページにアクセスできなくなって大慌て?

何らかの理由で自動更新がされていなくても普通はサーバ会社から「更新できてないですよ」というメールが来たりするのですが、このメールも見ていなかった、という場合など、ある日突然ホームページにアクセスできなくなって大慌て!となってしまうことがあるので大変です。

また、ホームページのことはウェブ制作会社に丸投げでお任せしていたとして、そのウェブ制作会社が倒産や廃業などしてしまった時、他の会社に管理や更新を委託する必要がありますが、そういう時にもサーバとドメインの契約内容が必要となって来ます。

最低限、サーバにアクセスするための技術的な情報がわからないとホームページの更新などはできません。もう少し具体的に書くと「FTP情報」というものが必要です。

この辺りの情報は必要になった時に使えるようきちんと保管しておかれることをお勧めします。
 

広告物の制作実績を、このホームページでご確認頂けます

チラシやパンフレット、メニューなどの印刷物/ホームページの制作、運営管理/写真撮影やイラスト作成まで幅広く行っています。各種広告制作物の実績の一部を公開中です。

制作の実績